「大内人形をつくるひと」をご紹介していきます

大内人形に関して、長州苑では、4社もの製作所様の

作品を取り扱っておりますが、

こちらの4社、いずれも個性的な作品をお作りになり、

やはりそれを作成される先生方も、とても個性的なんです。

大内人形の魅力を、それをつくるひとの観点から

お伝えしていこうと思います!

oouchiningyo

ミスター大内人形!小笠原貞雄先生

さて、今回ご紹介させていただくのは、桑原大内塗の小笠原貞雄先生。

勝手に、「ミスター大内人形」なんてタイトルを

付けさせていただきましたが、大げさな表現でないくらい

大内人形にとって、山口の地にとって、重要人物なんです。

IMG_1923

超絶技巧と、やさしい微笑み

小笠原先生の作品をじーっと見ていると、

すぐにふたつのことに気がつきます。まずひとつは

加飾(漆絵・箔絵・蒔絵・沈金などの、模様にあたる装飾)部分の

美しさが、ずば抜けていること。

全て手作業で行われているとは思えないくらい、精密です。

さらに、使うのにセンスの問われる「金色」を、

効果的に使用することで、繊細さの中に豪華さが加わり、

圧倒的な品の良さを感じさせます。

 

そしてもうひとつは、人形の表情のやさしさ。

大内人形といえば、にっこり微笑むお顔を連想されると

思いますが、小笠原先生のお人形のお顔は

ほんとにキレイなんです。

小笠原先生曰く、お顔は、イライラしたときには

絶対に描かないそう。

描く人の気持ちが、人形に伝わってしまうそうです。

(でも、いつもにこにこ、元気いっぱいの先生が

イライラするときなんて、存在するのだろうか…)

大内人形は、夫婦円満の守り神でもあります。

そういった気持ちをこめて、穏やかな気持ちで

つくっていらっしゃるというお話を聞いて、

とても嬉しい気持ちになりました。

s-IMGP6486

漆へのこだわり

大内人形の歴史の中でも、様々な逆風が吹くことがありました。

そのうちのひとつが、大内人形の代名詞ともいえる

「漆(うるし)」の高騰です。

その頃、ほとんど同じ質感を再現できて、なお非常に安価な

ポリサイトなどの代用漆を使用する工場が現れました。

その中で、桑原大内塗ではあくまで大内人形の価値として

漆の使用にこだわり続けました。

もし、代用漆に手を出していたら、

そのときは非常に儲かったかもしれませんが、

今のブランドは保てなかったかもしれません。

そんな積み重ねられた職人としてのプライドやこだわりが、

先生の作品には、詰まっています。

(とはいえ、先生は頑固一徹!なところはまったくなくて

気さくでとても優しいお方ですよ)

 

小笠原先生についてまだまだご紹介したいことが

たくさんあるのですが…

(数々のTV出演や、極貧生活、山あり谷ありの青春時代、ロマンス、

カープ、サッカー、ボウリング、水泳、自転車、演歌、

ライバルでもある息子さんのことなど…ああ書ききれない!)

それはこの次の機会に

とっておくということで…

次回に続きます!

 

小笠原先生関連の、過去のブログも

併せてお読みくださいね。(どちらも2009年のものです)

「メガ大内人形!!」

「テレ朝デビュー」