おいでませっ

 今日は大内人形のご紹介。

 ここで大内人形の由来を簡単にお話しますね。

 今からおよそ600年前、中国・朝鮮への貿易の主流品として

 大内塗(漆器)が輸出されていたんですって。

 また、24代目大内弘世は京より美しい姫を迎えましたんですが

 姫があまりにも都を恋しがるので、慰めようと都より多くの

 人形師を呼び寄せ、漆のお人形を飾って喜ばせたんですって。

 とっても微笑ましいお話でしょܤϡ 

 そんなお話から、大内人形は 『夫婦円満』֥ϡ『家庭平和』

 の守り神として愛され続けているんです。

 大内人形..jpg

 着物の柄一つ一つにも意味があり、一筆一筆手書きです。

 本うるし・純金箔を使用した本格的なもので

 制作日数およそ、なんと2ヶ月かかるんですって

 さすがっ『伝統工芸』ですね!!

 DSCF0216.JPG

 DSCF0213.JPG

 DSCF0203.JPG

 上3つの写真は当店オリジナルです。

 萩焼の中にお人形が納まってるんですが、

 その名も『山口セット』

 ぶちかわいくて愛着わきますョ