※2017年4月1日から、新料金に改正されます。
詳しくはこちら「個人様向けメニュー」


瓦そば!

瓦そば!


山口市で瓦そば

山口県の郷土料理であり、B級グルメでもある名物「瓦そば」
下関が有名ですが、山口市の長州苑でも食べられます。
長州苑は、国宝「瑠璃光寺五重塔」のすぐそばなので、観光のついでにもおすすめ!

瑠璃光寺五重塔

「瑠璃光寺五重塔」 国宝であり、日本三大名塔のひとつ


長州苑の瓦そばメニュー

・瓦そば 1100円(税込)
・瓦そば+しそわかめご飯・お漬物のセット 1250円(税込)
・瓦そば+しそわかめご飯・お漬物・※飲み物のセット 1450円(税込)
・久坂 de 瓦そば(瓦そば+クレームブリュレ+※飲み物) 1600円(税込)
(こちらのセットの飲み物は、「久坂玄瑞の愛用湯呑みのレプリカ」でご提供します)
※飲み物は、コーヒー または オレンジジュース

d573500db158f39d0a341f01b4911e16e
 

久坂 de 瓦そば

瑠璃光寺五重塔支店には、ここでしか頼めないメニュー「久坂 de 瓦そば」がございます。
幕末の若き志士「久坂玄瑞」が使った湯呑のレプリカで、お飲物をご提供いたします!
(久坂が京都で購入したと言われる、湯呑のデザインがすごくかわいいです!大殿大路にある「大路ロビー」さんのご協力で生まれました)
瓦そば×久坂玄瑞×国宝五重塔という、歴史コラボレーションをお楽しみください!

こちらの湯呑は「萬代家」という、若き長州の志士たちが滞在していたというお家に伝わってきたもので、今は「十朋亭」という、幕末の雰囲気を感じられるスポットとして開放されております。
「大路ロビー」で情報収集して、目の前にある「十朋亭」で歴史の息吹を感じる観光プランもオススメ!(どちらも長州苑からだと、歩いて約20分)

「久坂 de 瓦そば」 湯呑がかわいい☆

「久坂 de 瓦そば」湯呑がポイント!


瓦のこだわり

長州苑では瓦そばを始めるにあたって、瓦を隣県の島根県の「亀谷窯業」さんに注文しました。瓦を作るために生まれてきたような人、亀谷社長には、多大なご協力をいただきました!
ジュージューに熱された瓦のド迫力を、ぜひご体験ください!
カメラも忘れずに。

 

瓦そばの食べ方

(瓦には絶対に触れないでくださいね。ヤケドします!)
まず、特製つけダシに、瓦の上に乗っているレモン紅葉おろしを加えて、お好みの味に調整します。
長州苑では、茶そばにしっかり火を通した状態でお出しいたしますので、すぐにつけダシにつけながら召し上がっていただけるのですが、アツアツの瓦の上で、茶そばと具をしっかり焼き上げて、香ばしくなったところでいただくのがおすすめです!音と香りも同時に楽しめますよ!

 

瓦そばの由来

瓦そばの由来をご存知ですか?
明治10年、新幕府軍と、西郷隆盛率いる旧薩摩藩士族の戦い、西南戦争が起こりました。熊本城を囲む薩摩軍の兵士が、野戦の合間に瓦を使って野草や肉を食べたというお話をヒントに生まれたと言われています。

 

電話予約をおすすめします

状況により対応できない場合がまれにございます。スムーズにご提供するため、電話予約をおすすめいたします。

長州苑  083-925-5850